本記事は、整体院集客のブログネタとして内容を”改変”してご使用ください。
そのままのご使用や、二次配布、販売は許可していません。

仕事などでパソコンやスマートフォンを長時間使っていると、多くの場合、目疲れを感じてきます。

ここでは、ご自分で簡単にできる目の疲れを改善するツボ押しをご紹介します。

目の疲れ改善ツボ①さん竹(さんちく)、糸竹空(しちくくう)、四白(しはく)を押します。

さん竹は眉頭のくぼんだところ、糸竹空は眉尻、四白は瞳の垂直下で、頬骨の縁の下の少しくぼんだところです。

3つとも目の疲れの改善に関係するツボです。

さん竹は中指、糸竹空は人差し指、四白は親指で押します。

3秒ずつ、5回ほど押します。

左右同時に押しても、片方ずつでもかまいません。

両肘を机にのせ、頭の重さで乗せるようにすると、程よい力加減になります。

目の疲れ改善ツボ②さん竹、下晴明(げせいめい)、球後(きゅうご)を押します。

下晴明は目頭の少し下、頬骨の鼻側のくぼんだところです。

球後は頬骨と目尻を結んだ真ん中、頬骨の出っ張ったところです。

いずれも目の疲れの改善に関係するツボです。

さん竹は人差し指、下晴明は中指、球後は親指で押します。

3秒ずつ、5回ほど押します。

目の疲れ改善ツボ③首,肩周辺のツボを押します。

目の疲れにより首や肩の痛み、コリを伴うことが多いです。

また、首や肩のツボを押すことで、目の疲れを改善できることがあります。

風池(ふうち)というツボは、首の骨の後ろ側、首筋の外側、うなじのくぼんだところです。

左右の親指で3秒ずつ、5回ほど押します。肩井(けんせい)というツボは、首の付け根と肩の端の真ん中にあります。

指などで3秒ずつ、5回ほど押します。

まとめ:目の疲れを改善するツボを押すときには

押したいツボが見つからないときは、周囲を手で探してみてください。

ツーンとした痛みが感じられるところがツボです。

押すときには、


店名
メールアドレス


The following two tabs change content below.
ホームページタイム スタッフ

ホームページタイム スタッフ

「整体院・整骨院のホームページで集客.com」を運営しているホームページタイムスタッフです。ホームページを作成して終わりではなく、集客をゴールとしてサービスを提供しています。

初期費用0円、月額8800円の
ホームページ集客施策(整体・整骨専門)

ホームページタイムでは、初期費用0円、月額8800円で既に集客できているホームページのノウハウを活かし、サービスを提供しています。実際の集客データも公開中です。
お客様に準備していただく素材もかなり少なくしています。まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

> 集客用ホームページ作成プランを見る(整体・整骨専門)

気軽にお問い合わせ・ご相談ください TEL 070-3188-7957 平日:10:00~13:00/14:00~18:00