本記事は、整体院集客のブログネタとして内容を”改変”してご使用ください。
そのままのご使用や、二次配布、販売は許可していません。

秋は涼しくて過ごしやすいのですが、湿度が下がって肌にとってはピンチの季節です。

この季節に乾燥肌が進むと、冬は空気がもっと乾燥して肌トラブルが増えてしまいます。

そうならないために、乾燥肌を改善させるポイントを紹介します。

乾燥肌から肌を守るために必要なのは高価な美容液ではなく、ストレッチの習慣です。

ストレッチで滞った血流を改善すると、肌のターンオーバーが正常に回復します。

その結果肌に潤いが戻り、いつもツヤツヤの肌が保てるのです。

乾燥肌対策ストレッチ①立ったままのストレッチ

両足を肩幅より広く開いて立ち、両手は伸ばして前で手を組みます。

この体勢から息を吐きながら両手を大きく上に、両足は大の字のように大きく広げて体中を延ばします。

3秒程度その姿勢を維持した後、ラジオ体操の最後の深呼吸のようにゆっくり両手を脇に下ろします。

乾燥肌対策ストレッチ②座ったままのストレッチ

足を左右に開いて椅子に座り、手は頭の上で組みます。

姿勢を良くしたまま、腰を曲げてゆっくり左右を向きます。

その後上半身は左右に数回傾けます。

まとめ

この二つのストレッチを休憩時間やお風呂上りに行うと、全身の血流が改善します。

秋冬は服を着ていない顔や首回りが特に冷えるので、適宜このストレッチを行って血流を良くしましょう。血流改善は、


店名
メールアドレス